2015-10-26

K




もうすぐ4歳4ヶ月

毎日小さな赤ちゃん(娘)を見ているから、息子のことがすごくお兄さんのような気になってしまうけど、まだ4歳なんだよなと時々ハッとする。


このあいだ、夫が息子に少し意地悪な質問をした。
息子にとって一番大切なおもちゃのレゴ、そのレゴのことを例に出して「もしレゴが無くなったらどうする?」と聞くと息子は少し考えて「うーん、さがす!」と答えた。
私はきっと「また買ってもらう〜」とか「えー!無くならんよ!?」とかそんな返答をするんじゃないかなと予想していたから少し驚いた。
まさか、探すという考えに行き着くとは!
意地悪な質問にもかかわらず、真っ直ぐ逞しい答えが嬉しかった。

幼稚園に通いだして心身共にメキメキ成長を遂げていく息子を見ていると寂しくなることもあるけど、こんなふうに思いがけずキラキラ輝くものを貰えるのは親として最高の喜びだなぁ。