2015-06-26

Growing


今日は参観日だった。

参観日は楽しみだけど、私の姿を見たら泣くか離れなくなるかもな〜って心配で、ほんとはコッソリ覗くつもりで幼稚園に行った。

でも、着いてすぐに見つかって(笑)
「あ、泣くかも」って思ってたら少し照れたような顔してクラスメイトさんと一緒に教室に入っていった。

拍子抜けしながら息子の後を追うように私も教室へ入ったら、もうすでに朝のローテーションの準備をしていて、こちらをチラチラ気にしながらもきちんと先生のお話を聞いていてびっくり!

家では一時もジッとしてないし、私の話も右から左で同じことを注意してばかりだけど、幼稚園では話を聞く時はきちんと座って先生からの質問や問題にはみんなと一緒に手を挙げて答えていた!

私が想像していたよりも遥かにちゃんとしてるーー!

朝のお勉強の時には自分のやった成果を時々こちらにも見せてくれたりして、普段よく名前が出てくるクラスメイトさんとの会話のやり取りも見られて嬉しかった♩

ローテーションや勉強が終わって、次はお母さんお父さんと手遊びしましょうってなったんだけど、手遊びもとても楽しそうにしていて、手遊びが終わるとまた自分の席にきちんと戻っていった。

途中、お母さんと離れたくないと泣きだす子もいてクラスメイトさん達が優しく慰めていた姿が可愛かったな〜。
息子はつられて泣くかもなって思ったけど、相変わらずこちらをチラチラ見てはニヤついたりニコニコ手を振ってきていた。

そして参観日の終わり際、先生から「お父さん・お母さんに今日は見に来てくれてありがとうって言いましょう」と号令があった。

みんなそれぞれ自分のお父さんお母さんの方を向きお礼を言うんだけど、息子は口をへの字に曲げて一生懸命泣くのを堪えていた。

この時間が終わったら、親達は帰るって先生から事前に聞いていたのか、はたまた別日にあった年長さん、年中さんの参観日を見ていて知っていたのか、とにかく息子はこのお礼を言ったら私が帰るって知っているようだった。

クラスメイトさん達がそれぞれお礼を言う中、ずっと口をへの字に曲げ目に涙をいっぱい溜めていた息子が小さく「ありがとうございました」と言った。


少し前なら絶対「かーくんも帰るー!!」って大泣きしていたはずなのに、いつの間にこんなに成長したんだろう。

そう思うと胸がギュッとなったけど、ここで私がノロノロしていたらきっと泣き出してしまうと思ったから「どういたしまして!かーくんが楽しそうなところ見られて嬉しかった〜♩」と笑顔で伝えて、そのまま振り向かずに教室を出た。

下駄箱に向かう途中、教室から息子の泣き声が聞こえた。
あの精一杯の「ありがとうございました」は息子の成長の証!本当にすごいと思う!!

参観日、行けてよかった〜。
まさかこんは立派な成長を見せてもらえるとは思ってなかった!
運動会や発表会ではまたどんな成長が見られるのか、今からとても楽しみ♩