2015-04-11

2015.4.11







明日はいよいよ入園式。

今日までの3年9ヶ月、長いようで短い、短いようで長かった。
たくさん笑ってたくさん泣いた家庭という場所から外の世界へ出て、私のいない場所で息子が自分の時間を過ごすようになる。

私たちじゃない誰かと食事をし、私たちじゃない誰かにトイレを手伝ってもらったり着替えさせてもらったりする。

私の見ていないところできっとたくさんの成長をしてくる。




この3年間、何度も一人になりたいと思ったし誰かに預けて夫とデートをしてみたいと思った。
腹が立つ日は『早く幼稚園始まれ〜』と願った。
息子の好奇心や体力に応えてあげられないことも増えたし、娘が生まれてから今まで以上に子育てに手抜きをしてきてしまった。

だから、幼稚園に入れば息子は私といただけじゃ発散出来なかった体力や好奇心をお友達や先生と一緒に楽しむだろうし、私もやっとゆっくり娘との時間を過ごせる。

幼稚園に入れば良いことがたくさんあるし、幼稚園に入れないという選択肢は自分の中にも無い。



でも、なんでこんなに寂しいんだろう。

寂しくて寂しくて、入園式の日なんてまだまだずっと来なくていいのにと思う。

何度も言うけど、幼稚園に入れないという選択肢は無い。幼稚園に入って欲しいと思うし、それがどれだけ自分にも息子にも良いことなのかわかる。

それでもこの寂しさは何だろう
あんなに一人になりたいと思ったのに。

いつか迎える子離れの第一歩にガッツリ挫折してしまった〜(笑)

それでも明日は笑顔で送り出そう。
がんばろう。